科学機器学習教室

科学機器学習教室

日 時 2018年6月27日(水) 、28日(木)
会 場 135会議室
聴講料 会員 3,000円(税込) 非会員 5,000円(税込)

※会員とは、東海科学機器協会、(一社)日本科学機器協会に加盟する各地区科学機器協会の会員および(一社)愛知県計量連合会の会員を示します。

6月27日(水)13:00~17:00

「真空の基礎と利用技術、真空コンポーネンツ、真空の質向上と漏れ検査」

  • プログラム
  • 第1部:真空の基礎

    圧力の世界、真空中の分子の動き、真空にすると何が起こるか、真空を作るなど。

  • 第2部:真空の利用技術

    真空には5つの性質があり、その使われ方を産業ごとに豊富な実例を解説。

  • 第3部:真空コンポーネンツ

    真空装置に用いられる真空部品、真空ポンプ、真空計測器の動作原理と特徴を解説。

  • 第4部:真空の質向上と漏れ検査

    真空の質を高度なものにするため、漏れ検査技術・真空機器の漏れを検出する手法、表面処理技術、真空の質を確認するガス分析技術の解説。

6月28日(木)13:00~17:00

「水質・大気 分析」~基礎から分かる科学機器
(GC/MS、科学·分析機器の原理/手法など)~

  • プログラム
  • 第1部:水質分析の背景・基礎知識・キーワード・トピックス

    (1)水質分析の公定法の紹介を踏まえて、COD、TOCから重金属分析まで
    (2)簡易分析法、精密分析法の実際と機器、用具の原理、応用、用途など

  • 第2部:大気分析の背景・基礎知識・キーワード・トピックス

    (1)有害大気汚染物質分析の公定法の紹介を踏まえて、
       VOC(揮発性有機化合物)、ダイオキシン、アルデヒド分析
    (2)簡易分析法、オンサイトモニタリング法、精密分析法の実際と機器、用具の原理、応用、用途

  • 第3部:知っておきたい科学機器の原理・特徴・用途

    (1)基礎から分かるクロマトグラフィー(GC、 LC)の原理・特徴・用途・応用
    (2)基礎から分かる質量分析計、GC/LC/MSの原理・特徴・用途・応用
    (3)その他